吉住矯正歯科
- 矯正装置の種類 -
Yoshizumi Orthodontic Office 
 
矯正治療 装置 治療例 費用 Q&A 地図 ホーム
MENU
矯正治療について
装置の種類
治療例
費用について
よくある質問
スタッフ紹介
初診相談の予約
リーフレット請求
リンク
地図
ホーム
このページでは矯正装置の種類についてご説明します。
歯並びを治したいと思っていても、装置の見た目を気にして矯正治療を敬遠される患者さんがいらっしゃいます。「なるべく目立たないように治療を受けたい」という患者さんのために目立たない装置や見えない装置が開発されました。
吉住矯正歯科で使用している矯正装置の一部を紹介します。

歯を動かすための矯正装置には3つの種類があります。
目立たない装置
セラミックできた目立たない装置です。
セラミック装置
利点 金属の装置にくらべ目立たない。

金属の装置と機能的に差がない。

裏側の装置にくらべ歯みがきがしやすい。

欠点 治療費が少し高い。
見えない装置
歯の裏側に付ける金属の装置です。
表側につける装置と比較すると欠点もありますが、他人に気づかれずに治療を受けることができます。
歯の裏側の装置
利点 表側からは見えない。
欠点 発音がしにくい。 

異物感が大きい。

歯みがきが難しい。

治療費が非常に高い。

標準的な装置
金属の装置が標準的な装置として使われてきました。
矯正の治療を受けることがより一般的になりつつある昨今では、装置の見た目を気にせず金属の装置を選択される方も少なくありません。
金属の装置
歯の位置を安定させるために使用する取り外し式装置
保定装置(リテーナー)
動的治療後、歯の位置を安定させるために使用する取り外し式装置(リテーナー)にも種類があります。
ベッグタイプリテーナー ソフトリテーナー
入れ歯のようなタイプのリテーナー 目立たないリテーナー
このページの先頭にもどる
矯正治療 装置 治療例 費用 Q&A 予約 リーフレット リンク 地図 ホーム