吉住矯正歯科
- よくある質問 -
Yoshizumi Orthodontic Office 
 
矯正治療 装置 治療例 費用 Q&A 地図 ホーム
MENU
矯正治療について
装置の種類
治療例
費用について
よくある質問
スタッフ紹介
初診相談の予約
リーフレット請求
リンク
地図
ホーム
このページでは患者さんからよく寄せられるご質問にお答えしていきます。
メールにてお気軽に質問をお寄せください。

よくある質問 (質問をクリックしてください、回答へジャンプします。)

Q. こどもの矯正は何歳頃に相談したらよいのでしょうか?

Q. 大人でも矯正治療はできますか?

Q. こどもの矯正と大人の矯正どこが違うのですか?

Q. むし歯や歯周病にかかっていても矯正治療はできますか?
矯正治療を受けたいのですが、むし歯の治療とどちらを先にすればいいのですか?

Q. 矯正治療中にむし歯や歯周病になったらどうするのですか?

Q. 費用はどのくらいかかるのですか?

Q. 矯正装置の見た目が気になります。他人に気づかれずに矯正治療を受けることはできないのですか?

Q. 歯を抜かないと矯正治療ができないのですか?

Q. かみ合わせや歯並びが悪いとからだの健康にも悪い影響があるのですか?

Q. 歯を抜いて矯正治療をしたら体のほかの部分に不調が出た、という話をテレビで見たけど本当ですか?

Q. 矯正治療って痛いんですか?

Q. 矯正治療中、日常生活の中で注意することがありますか?

Q. 矯正治療中に転居し、通院が難しくなった場合はどうなりますか?

Q. こどもの矯正は何歳頃に相談したらよいのでしょうか?
A. 
歯並びやかみ合わせの異常に気づいたら早めに矯正専門医に相談をして下さい。
異常かどうかよくわからない場合は、小学校の低学年のうちに一度、矯正治療が必要か、必要ならいつ頃からはじめればよいのか矯正専門医に相談をするとよいでしょう。

ただし、矯正治療そのものは早くはじめればよいというものではありません。症状によって適切な治療開始時期がことなります。矯正装置がお口のなかについている期間がなるべく短くできるよう、症状にあった治療開始時期を判断することが重要なのです。

[先頭に戻る]
Q. 大人でも矯正治療はできますか?
A. 
もちろん可能です。矯正治療には年齢的な制限はありません。
吉住矯正歯科でもたくさんの成人の方々が矯正治療をうけておられます。目立たない装置や見えない装置の進歩により大人の方でも見た目を気にせず治療を受けられるようになりました。
[先頭に戻る]
Q. こどもの矯正と大人の矯正どこが違うのですか?
A. 
成長期のこどもの矯正にはアゴの骨の成長・発育を利用して治療を進める場合があります。この成長・発育を利用できるということが大人の矯正とくらべて違うところです。
一般に成長・発育は男の子で18歳くらい、女の子で16歳くらいで終わってしまうといわれています。
[先頭に戻る]
Q. むし歯や歯周病にかかっていても矯正治療はできますか?
矯正治療を受けたいのですが、むし歯の治療とどちらを先にすればいいのですか?
A. 
矯正治療を受けたいと考えている場合にはまず矯正専門医に相談し、矯正の治療方針を検討してからむし歯や歯周病の治療を受けることをおすすめします。
たとえば、矯正治療のために抜く予定の歯がむし歯になっている場合、その治療をしてもあまり意味がないからです。
むし歯や歯周病の治療が終わってから矯正治療はスタートします。
[先頭に戻る]
Q. 矯正治療中にむし歯や歯周病になったらどうするのですか?
A. 
もちろん、治療をしなければなりません。
むし歯や歯周病の治療を確実におこなえるよう、むし歯や歯周病になった歯の矯正装置を一時的にはずす場合もあります。装置を一時的にはずすと矯正治療の期間が予定より長引いてしまいます。
矯正治療中にむし歯や歯周病にならないよう、歯みがき指導の内容にしたがい丁寧に歯みがきをするよう心がけてください。
[先頭に戻る]
Q. 費用はどのくらいかかるのですか?
A. 
 矯正治療には口蓋裂・顎変形症など特殊な症例を除き保険が適用されず、自費負担になります。 治療費は歯並びの状態、装置をつける範囲、装置の種類によってことなります。
吉住矯正歯科での治療費の詳細については「治療費について」のページを参照してください。
治療費は医療費控除の対象となります。
[先頭に戻る]
Q. 矯正装置の見た目が気になります。他人に気づかれずに矯正治療を受けることはできないのですか?
A. 
装置の見た目を気にせずに矯正治療が受けられるよう、目立たない装置見えない装置があります。
詳細については「装置の種類」のページを参照してください。
[先頭に戻る]
Q. 歯を抜かないと矯正治療ができないのですか?
A. 
歯とアゴの大きさの不調和が著しい場合に歯の本数を減らして(抜歯をして)矯正治療をおこなう場合があります。このような治療をしても歯を抜いたところにすき間が残ることはありません。
ただし、歯とアゴの大きさの不調和が著しい場合でも、必ず抜歯が必要というわけではありません。吉住矯正歯科では歯並びやアゴの骨の状態について詳しく説明し、また患者さんの希望をよくうかがい、抜歯の必要も含め最終的な治療の方針を決定するようにしています。
[先頭に戻る]
Q. かみ合わせや歯並びが悪いとからだの健康にも悪い影響があるのですか?
A. 
かみ合わせが悪いことを原因に、アゴの運動に異常が生じる場合があります。するとアゴの運動に関係する筋肉や神経のバランスが悪くなり、その影響が全身的な不調和におよぶ可能性があります。アゴの関節の痛みや頭痛、肩こりなどがその一例です。

歯並びが悪くて口元の見た目にコンプレックスをいだいていることが慢性的なストレスになっていたり、見た目を気にするあまり表情が乏しくなり人間関係の上で誤解をまねいてしまったり、歯並びが悪いことが心の健康にあたえる影響も少なくありません。

歯並びの整った美しい笑顔は心身ともに健康であることの象徴といえるのではないでしょうか。

[先頭に戻る]
Q. 歯を抜いて矯正治療をしたら体のほかの部分に不調が出た、という話をテレビで見たけど本当ですか?
A. 
先に述べたようにかみ合わせが原因で全身的な不調和がおこる可能性があります。
この質問で取り上げられている問題の本質も、歯を抜いたかどうかにあるのではなく矯正治療後に正しいかみ合わせが確立できているかどうかという部分にあるといえます。正しいかみ合わせが確立されていれば歯の本数が減っていたとしてもこのような問題はおこりません。

歯を抜かない矯正と歯を抜く矯正、正しいかみ合わせを確立するには治療をする側にそれぞれの治療に対する正しい知識と技術が必要です。患者さんにとっては歯科医師や歯科医院の選択がポイントとなる問題といえるかもしれません。

[先頭に戻る]
Q. 矯正治療って痛いんですか?
A. 
装置をつけた後や装置の調節をした後、2〜3日間歯が浮いたような感覚があり、食事をするとき硬いものをかむと痛みを覚えます。痛みの感じ方や違和感を感じる期間には個人差があります。
[先頭に戻る]
Q. 矯正治療中、日常生活の中で注意することがありますか?
A. 
歯みがきは装置がついていないときにくらべ難しくなります。歯みがき指導の内容にしたがい丁寧に磨きましょう。

特に食べられないものはありません。硬いものや粘つくもの(ガムやキャラメルなど)を食べるときには矯正装置をこわさないよう気をつけて食べていただく必要があります。

ボクシングなど、顔を打つような過激なスポーツをすると矯正装置がお口の中の粘膜を傷つけるおそれがあります。

管楽器の演奏にあたっては、装置をつけた直後はお口の中の状態が変化したことが原因で、音が出しにくくなることがあります。マウスピースの形態によって差はありますが、ほとんどの場合装置に慣れれば違和感なく演奏できるようになります。

[先頭に戻る]
Q. 矯正治療中に転居し、通院が難しくなった場合はどうなりますか?
A.
本来、矯正治療は治療を始めた歯科医師が最後まで治療を行なうのがのぞましいのですが、転居により通院が困難になってしまった場合には、転居先に近い歯科医院をご紹介することになります。
それまでに採取したレントゲン写真などの資料を転医先にお持ちいただくようにいたしますので、早めにお知らせ下さい。
治療費については、治療の進行状況にあわせて精算いたします。
[先頭に戻る]
メール
このページに関するご質問・ご意見はこちらへ
info@dryoshizumi.com
ポスト
矯正治療 装置 治療例 費用 Q&A 予約 リーフレット リンク 地図 ホーム